着付けに必要な物(振袖)

『着付けに必要な物』

□着物(仕付け糸はとってありますか?)

□袴(袴のお着付けの際はご用意ください)

□帯(名古屋帯・袋帯・半幅帯・角帯)

□長襦袢(半襟をつけてありますか?)

□肌襦袢→肌襦袢と裾よけが一つになったワンピースタイプでも可

□裾よけ→肌襦袢と裾よけが一つになったワンピースタイプでも可

□足袋

□衿芯

□帯締め(袴・男性の着付けは使用しません)

□帯揚げ(袴・男性の着付けは使用しません)

□前帯板(男性の着付けは使用しません)

□後帯板(男性の着付けは使用しません、振袖のお客様はご用意ください)

□帯枕(袴・男性の着付けは使用しません)

□重ね衿(ご使用の場合はご用意ください、男性の着付けは使用しません)

□末広、扇子(ご使用の場合、留袖着用の場合はご用意ください)

□腰ひも5本(振袖・袴は6本、男性は3本)

□コーリンベルト1本(あればご用意ください、男性の着付けは使用しません)

□伊達締め2本(男性の着付けは使用しません)

□三重紐1本(振袖のお客様は必ず、変わり結び希望の方はご用意ください、男性の着付けは使用しません)

□草履

□和装ブラジャー

  *和装ブラジャーの着用をお勧めします、和装ブラがない場合は、ノーブラが好ましい。

  *ワイヤー入りのブラジャーはNG

□厚みのないタオル3枚~4枚

  (その方の体系によって使用枚数が変わります)

わからないこと、不安なことは必ずお尋ねください